ハンドボールの名門法政二高の練習方法をまるはだか!驚くほど上達しまくるその秘密の特訓を今暴露いたします

地味でマイナースポーツのイメージの「ハンドボール」ですが、
競技人口の裾野は広く現在でも中学高校ハンドボール部は、全国大会を目指して切磋琢磨しながら
練習に、試合に励んでいることでしょう。。

しかし マイナースポーツがゆえに、ハンドボール部顧問の指導者や選手においての
練習方法に試行錯誤を繰り返していたり、間違った練習方法などで時間をムダにしたり
上達のベクトルが上に向いていかなく、現状のチームが多いというのが悩みのタネということを聞きます。

実は、ハンドボールでの上達する選手、、伸び悩む選手と極端に別れてしまうという現象があります。
正確には、上達するチーム、伸び悩むチームという選手団体として考えてもいいかもしれません。。。

これに関しての最大の理由はなんだと思いますか。

実は、「指導者」に問題があるのです。。

問題といっても、素行の悪さという意味ではありませんよ。
これはマイナースポーツ全般に言えることなのですが、、

ハンドボールの場合も例外ではありません。

なぜ、指導者に問題があるのか。。
それは、、指導者にハンドボール経験者がほとんどいないためです

もちろん、、経験者が指導者においては、その練習方法や強くなるための
戦術や戦略でもって強くなっていくのですが、、

おそらく、強豪校やインターハイ常連校でない限りは
新任教師の押し付け顧問という座席になっている学校もあるのです。

新任教師は若い先生ですから、運動部に関しては一生懸命練習の面倒を見てくれると思っているかもしれませんが、

新任教師でも学生時代からやってきたスポーツの
経験を生かしたいという思いで、経験済みのスポーツの顧問を希望するのが
一般的です。。

ですので、マイナースポーツであるハンドボール部の顧問は
ほぼ経験0に近い新任教師が顧問を勤めるというお決まりパターンが
あるのです。

ぶっちゃけ、顧問が決まってから、ルールブックにて勉強することから
始める顧問も多いのです。。

ですので、、本来なら、個々の選手の技術向上によるチーム力強化というのが
練習目的なのですが。。

まずは 指導者がいかに上達への近道の練習方法を理解するかによって
チーム力がアップするかどうかにかかってきていると言っても過言ではありません。

でも逆にいいますと。。。

まったくの素人顧問の先生のほうが、大きく上達するチャンスでもあるのです。
あなたがもしハンドボールをまったく知らずに顧問に指名されたなら、
指導者として飛躍できるチャンスと思ってください。

これから紹介するハンドボール上達への練習方法・指導方法はあなたにとって
ハンドボールが楽しく、そして人生をかけて愛していけるスポーツなると信じています。

◎ハンドボール練習や試合での悩みって多いですよね!

・相手のディフェンスを崩すにはどうしたらいいのか
・シュートの成功率を良くするにはどういった練習方法があるのか
・連携プレーが上手くできない
・ロングシュートの打つタイミングがわからない
・速攻が決まらない
・戦術がワンパターンで相手選手に見抜かれてしまっている
・市販の本やDVDで研究をしているが、いまいち上達していない
・部活の顧問がハンドボール未経験者で困惑している

まぁこれはハンドボールに限ったことではありませんが、
マイナースポーツということとチームスポーツということが
本来の悩みを深堀させてしまっているのかもしれません。

しかし 今回紹介するハンドボール上達練習方法では。。
この悩みをすべて解決する練習方法がすべて紹介されています。

ハンドボールの上手い人というのはどういったプレーヤーか
わかりますか??

具体的に言いますね!以下のプレーヤーが総合的に上手い人なのです。

☆ハンドボール競技においての体の使い方がわかっている
☆フィジカルトレーニングにおいて、ハンドボールにもっとも必要な「踏み込みの強さ」
☆相手ディフェンスとの1対1でのタイミングの取り方
☆相手ディフェンスへのフェイントの基本
☆ゴールキーパーの裏をかくブラインドシュートセンス
☆タイミング抜群のパスのコツやセンス

こんな感じですかね。もちろんこれ以外でもハンドボールの上達に必要な
プログラムも紹介しております。

勘違いしてほしくないのは

一流プレーヤー向けで紹介しているわけではありません。

今回紹介するハンドボール上達練習法は

「才能」や「センス」とまったく関係ないので安心してください。

法政二高ハンドボール部 阿部監督が監修したもので

30年間現場でハンドボールを指導した経験から出た練習方法です。

ハンドボール上達革命~勝つための効率的練習法~【法政二高ハンドボール部 阿部監督 監修】

ですので、、むしろ独自の練習方法で強豪チームとなっている
中学高校よりも、初めて顧問を任された新任教師や実績を残したコーチの勇退により交代してきた未経験顧問
のあなたのほうがこの上達練習方法プログラムを
利用してチームを強くしていただきたいのです。

このハンドボール上達プラグラムの監修者である

法政二高ハンドボール部 阿部監督のもっとも熱い激励がありますので
紹介します。

それは・・・

「このプログラムは実践さえすれば、、結果が出ます」

そう断言されています。。

そして こうも付け加えておられます。。

「だれでも簡単に実践ができます」
「体力の問題は関係ありません」
「練習時間が長くなることはありません」

なので、進学校だから、公立校だから、、高校から始めたからという
理由は関係ありません。。

むしろ、、「限られた時間」でしっかりコンパクトに練習する方法に
なっています。

◎ハンドボール上達の効果的なステップ3とは・・・

法政二高ハンドボール部 阿部監督が監修するプログラムは効果的な
3つのステップを踏んで、文字通り、ステップバイステップで
ハンドボールの上達を目指すプログラムになっています。。。

スポーツの指導者のイメージは、、熱血、スポ根アニメばりの監督というイメージがあると思いますが、、、

法政二高ハンドボール部 阿部監督はそうではありません。

かといって、、やさしく、ソフトなインテリジェンス的な監督でもありません。

あくまでも指導方法は、、コンパクトでシンプルな練習方法です。

ハンドボールの効果的な練習は、たった3つのことを意識しながら
練習するだけということを力説しております。

あなたは今まで、スポーツで強くなる練習といったらどんなイメージですか?

「つらくて苦しいトレーニングじゃないんだろうか?」
「特殊な環境や施設が必要なんじゃないだろうか?」
「ある程度経験していないと無理なんじゃないか?」

そんな不安はこのプログラムのさわりあたりで安堵に変わりますよ。

とても簡単というかシンプルで、決して無茶な運動を要求するような辛くて
苦しいトレーニングでないことがわかります。

もちろん こんなシンプルな練習方法でうまくなっていくとチーム全体が
理解できたら、自主的にもっとハードな練習や時間を要求するかもしれません。

ですが、、あくまでも、プログラムに関しては

無理は禁物
ケガをさせない練習方法
むだな時間をかけない練習方法
あっといわせる戦術、、
ハイレベルなシュートやフェイントのテクニック向上

などなど 目に見えての上達がマインドやモチベーションをも
向上してきます。。

このような相乗効果も法政二高ハンドボール部 阿部監督の
理想的なハンドボール上達練習方法なのです。

さてその3つのステップを紹介していきます。

ステップ1

体の使い方を覚える

ステップ2

良い例を理解する

ステップ3

上手くいかない解決策を知る

僕自身もこれを読んだときは、拍子抜けしました。。

あなたも、、
えっ簡単すぎない?もっと高度なテクニックじゃないのと思ったはずです。

ですが、、とても簡単な内容に思えますが、、これが実に
奥が深くて、一般ではまったく指導されていない内容です。

しかも結果にコミットする独自の練習方法で目からうろこですから
実際にプログラムを見るまでは不安かもしれませんが、安心して
内容を読み進んでみてください。

☆ハンドボールのセンス

☆効果的な体の使い方

☆自己修正して上達していける知識

これを習得するためには先ほどの3つのステップを繰り返しの
反復練習が必要です。

この反復練習によって、最初はぎこちない練習や成果だったのが
目に見えて強豪校にも負けない練習内容にまですぐに上達するようになることは
時間の問題です。

最初に説明していたシンプルな練習は、

集中力も大切ですが、、

意識の問題が大切です。。

練習テーマを意識して取り組むと必ず練習の成果が出て
上手くなっていきます。
そして
個々の選手の技術向上がチーム力をアップさせ、試合経験を
積むことのより劇的に強くなる自分たちを想像してみてください。

法政二高ハンドボール部 阿部監督指導のもとでは

なんと「100%」上達しているのです。。

ですので安心して、最初から信じてこのプログラムを実践してみてください。

あなたが、

もっとハンドボールが上手くなりたい、センスを磨きたいと思うなら

必ずレギュラーをもぎ取りたい、コソ練で取り入れたいと思うなら

練習時間が短くても、効果的な練習をしたいと思うなら

もっと上手くなってチームを引っ張っていきたい、

新米指導者でも強豪チームに勝ちたい

このような志をもって、必ず実践していただけるなら
このプログラムはあなたにとって、バイブルになるでしょう。。

そして 上手くなるには、このプログラムしかないように思います。

ハンドボールにおいての悩みをすべて解消するにはこのプログラムを
ぜひ実践してほしいのです。

◎ハンドボール上達革命プログラムDVDの驚愕の練習方法を今暴露しておきます。

今まで散々ハンドボールが上手くなりたあなたに、推薦してきた
法政二高ハンドボール部 阿部監督監修のプログラムですが、、、

まだ具体的な内容まではレポートしていませんでした。。

これには理由があります。。

最初にこの驚愕の内容をお見せすると、、

指導して強くなろうというモチベーションが一気に崩れる可能性が
あったからです。。。

どんなスポーツでも職業でも、、技術を向上していこうとする場合ですが
だいたい3つの要素が必要とされます。。

それは。。。

・マインド(気持ち)
・スキル(技術)
・ツール(道具)

スポーツではよく心・技・体のバランスといわれますが

いざ 練習方法だけ指導方法だけに限ると、、
体は一番最後の強化をめざしたほうがいいのです。。

昔のスポーツ根性アニメはまずは
徹底的にしごきまくる「体」の強化
練習時間を極限まで延ばす「技」の強化

これをこなすことによって「心」が出来上がると信じてきました。。

しかし はっきり断言できるのは、昔の指導方法は間違っていました。。

現代では、スポーツだけやっていればいいという時代ではありません。

勉強もスポーツも両道であり
時間配分もいっしょでなければいけません。

そのような世の中になりつつあります。

ですから、競技する選手である生徒も同じ感覚になっていると思います。

ですので、、まずは、、昔の逆です。。

安心してこの練習方法をやれば強くなるという目的で「心」を
落ち着かせて、うまくなる方法を実践してみる

そして上手くなりつつあるならば、、
そのためにもっとも必要な体力強化を取り入れるという
指導や練習が一番であると思うからです。。。

ですので、このような順番であえてこのハンドボール上達プログラムを
紹介させていただいています。。

それではプログラム内容を紹介していきます。

★ブラインドシュートの威力がすごいと言われたいですか。すごい練習法があります。

このプログラムでまっさきに実践してもらいたいのがこのブラインドシュートです。
だれでも簡単に絶対キーパーがとれない威力のあるシュートが打てるようになります。

ポイントは目線なのですが、それ以外にもポイントがあり、ゴールの左右が見えるように
打つための「あるコツ」があるのです。

DVDでは、ディフェンスの選手を使って、どういったシュートを打つかを
理解しやすいように説明しております。

★上達の早い選手、遅い選手の差はステップトレーニングのやり方の間違いですよ

ステップトレーニングはハンドボール技術において重要な点です。
このステップトレーニングにおいて間違ったやり方では
どんな練習においても効果的ではありません。。

ここでは、、
「足の裏の向け方」
「開くタイミング」
を映像を通して実際にコーチングしているところをおみせして
とく実践できるようにしております。

★サイドシュートがことぼとくキーパーに反応されてしまうなら
この練習方法があります。

サイドシュートは確実に得点できるチャンスはいうまでもありません。
しかし キーパーに容易に反応されているようでは得点できませんよね。

キーパーの動きに惑わされて打ち分けるのが苦手の選手には共通の悪い癖があることに気がつきます。
そんなときの指導法は、、
打つ瞬間まで○○体勢に気をつけることをレッスンしております。

★ディフェンスを突破するのが容易なれば、ハンドボールの楽しさは倍増します。

軸足の塚方と踏み込む足の出し方などの問題点を大きく
クローズアップしながら、良い例と悪い例をくらべながらの解説に
あなたも「ストップ切り返し」がすぐに上手くなることでしょう。

★選手のケガは指導者の責任ですよ。「正しいステップトレーニング」を把握せよ

ステップほど個性が出て上達する選手、悩んでしまう選手と両極端なのが
ステップです。

悪い癖を指摘して、

「軸足を持ってきたうえでの踏み出しの重要性を教える」エクササイズを紹介

ここではごくごく一部の練習メニューを紹介しました。

まだ紹介したメニューの何十倍もあると思ってください。

ですが、、あくまでもステップバイステップにて
自然の流れのかなで段階をついけてトレーニングしていくメニューと
なっていますので、指導者にとっても、選手にとっても
頭が混乱するようなメニューではなく、

実践すれば着実に上手くなるステップです。
安心してメニューどおり実践することをおすすめします。

トレーニングの1つ1つがしっかりと結果が出るものなのです。
段階を踏んでステップアップすることは日に日に実感すると
思われます。

楽しんで練習に励んでください。

ハンドボールだけなく、スポーツ全般は楽しむものですよね!
つらくて苦しい練習というより、

ケガなく確実にしかも楽して楽しんで結果がでるほうが
より楽しいですし、、なんせ「上達も早くなります」

ですので、、上達しないと悩んでいることよりも
グングン上達してそれが楽しみに変わったらどうでょう。

あなたがこのトレーニングを実践するたびに上手くなることを
想像してみてください。。

○華麗なステップで相手ディフェンスを面白いよう交わせるようになった。
○シュートの成功率がグングン上がった
○サインプレーや連携プレーがおもしろいように決まる
○ロングシュートの確率がキーパーの動きを観察したら上がった
○速攻で点が取れるなんて夢のようだ!
○こんなぼくでもレギュラーになって、試合で活躍できるなんて。。。
○勝てる戦術を指導できるようになりました。
○未経験でも指導法が確立できて自信がもてました。

このような成果はなにも夢でも希望でもありません。
実践し、反復練習し、チーム全体での底上げがあれば
県大会優勝も夢でもインターハイ出場も夢でもなんでもありません。

今そこに現実が待ち受けることも確かなことになります。

最後に
このプログラムを始めた人がよくこんな質問をしてきます。

「えっほんとにこんな簡単な練習でいいんですか?」

この質問はとても大切なことを言っています。。

それは。。

簡単な練習を突き詰めるほど「効率」が上がるのです。。

突き詰めて言えば、、「非常にシンプルな練習方法」になるのです。。

ここで勘違いをしてほしくないのは、、
シンプルだからといって効果が薄い、上手くならないというわけでは
ありません。

本当に重要なのは、

「何の練習を何のためにやっているかを理解すること」
「効率的、効果的に取り組むこと」

が大事なことです。

このプログラムは

普段の練習にも、一人自宅でライバルを出し抜くコソ練でもいいです。
もちろん 指導方法にも取り入れてください。

プログラムどおりに実践すれば、必ず上手くなります。

最後の最後に言いたいことがあります。

現在伸び悩んでいる選手や指導者にとって、、

体力やセンス、経験年数はまったく関係がありません。
実践すれば必ずや上手くなる練習方法です。

これは、ひらめきや根性論で作った練習メニューではなく
論理的にハンドボールというスポーツに向き合い
指導歴30年に蓄積した経験則からできあがったプログラムです。

法政二高ハンドボール部 阿部監督監修の
ハンドボール上達革命プログラムを今すぐ下をクリックして
手に入れて実践してみてください。