ジュニアバレーボールでおもしろいようにうまくなる秘密の練習法を知りたいと思いませんか?

 

背が低い?関係ありません。運動神経が鈍い?関係ありません。ジュニアバレーの上達にはある秘密の練習法があります。

もし あなたが、バレーボールジュニアの育成コーチ関係者であれば
このレポートは必読です、

なぜなら子供を一流のバレーボール選手に育てるには

ジュニアバレーボール選手ならではの、指導法・上達法があるからです。

普通の小学生が「この独自の練習法」を実践するだけで、
全国大会レベルまで上達するその練習法を公開いたします。

でもって その前に・・・

もしあなたが、、ジュニアバレーボールの指導者またはジュニアバレーの親御さんであるならおそらくこんな悩みで苦労しているのではありませんか?

☆自分の子供だけは同じように練習しているのに、、上達しない!
☆試合ではいつも負けてしまう。
☆全国レベルを目指していても、上達にはほど遠い
☆練習時間が長くなると集中力が落ちてしまう。
☆良い指導者にめぐれ会えない
☆実績のあるコーチの指導法を知りたい

まだまだ悩みが多いようですね。。

もし このような悩みが解決できれば、、自分の子供が
大きな大会で勝ったり、バレーボールが上達することで
子供がより大きく成長できたり、、

思い浮かべるだけでも、子供の将来が頼もしいですし
親御さん自身も、楽しく気分のいいものです。

でも 実際には、ジュニアバレーボールでは

バレーボールをはじめた時期
どの指導者に教わるかなどによって

勝敗や、上達度に大きく差ができてしまうのが特徴なのです。

また どうしてもバレーボールはジュニアであっても

体格、、とくに身長や運動神経によってのアドバンテージが
つよく、、

自分より身長が高いという劣等感や
運動レベルでの格差に心が折れるといういった思いというものは

よくわかります。

しかし こんなことに関してはまったく心配する必要がありません。。
むしろ 安心してください。。

ここでバレーボールの良さを一言で言っておきます。。

バレーボールというスポーツは

生まれもった才能や能力はまったく関係ありません。
むしろ「自分の潜在能力を生かす」ことを会得しなければいけません。

この潜在能力をうまく引き出す「ジュニアバレーの指導者」が
あなたの子供のバレーボールの上達を引き出すことができます。

その潜在能力を引き出すことは、ジュニアであろうがシニアで
あろうが同じです。。。

「その人に合ったトレーニング」が必要なのです。。

結論として・。・・

これからおすすめする

バレーボールジュニア育成プログラムは

これからどんどん伸びシロのある
小学生や中学生のジュニアの上達に着目して、開発されたDVDです。。

ジュニア選手ならではの、、上達への近道は
ずばり子供目線にたった指導法をプログラムとしています。

◎「潜在能力」を伸ばす3つの理由がジュニアバレーボールのキモだ!

潜在能力を伸ばすということを申し上げましたが、
そこには「ジュニア目線でのトレーニング」が必要です。

逆に言い換えれば、コーチ目線、大人目線では
その指導法が完璧に裏目に出てしまうことは間違いありません。

先ほども言いましたが、

バレーボールは、、スポーツセンスよりも
「その子がもっている潜在能力」を伸ばすことがキモなのです。。

では なぜ、ジュニアの目線に立った「トレーニング」が潜在能力を引き上げることができるのかを説明していきます。。

理由その1

アドバンテージだと思っていた体格や身体能力をジュニアは超えることができます。

バレーボールは不思議なスポーツです。
ほかのセンスが一番重要だと思いがちですが、自分の潜在能力を伸ばすことが
できればいとも簡単に、上達していきます。

たとえば、バレーボールのルールーを思い出してください。

どんなに強打でアタックしてもコート内にボールが落ちれば得点です。
ジュニアバレーであればなおさらこのことが重要に思いますよね。。

しかも1点づつしか得点できません。
バスケットやラグビーみたいに、複数得点が入らないのです。

さらに、、先ほどの体力さや身長差がバレーボールのアドバンテージと
思われがちですが、、、

バレーボールには個人技は必要ありません。
最低でも2人以上がコートでボールにタッチしなければいけに
スポーツなのです。

ですので、一人だけうまくても勝つことができません。

また 身長差のアドバンテージの代表格のスポーツでは

「バスケットボールがあります。。

同じように、身長が高ければ、、、かなりのアドバンテージの
あるスポーツの代表格です。。。

ですが、、先ほどの言ったようにバレーボールは最低でも
2人がボールに触らなければないないということで
個人プレーが許されないスポーツでバスケットボールとは
ここの違いはもっとも体力差でも大きいかと思います。

さらに、、、バレーボールには身長差をはねのけるものがあります。。

なんだかわかりますか??

それは、、「センターネット」のおかげです。。

これは、バスケットボールのようにネットのおかげで

「体力差」をもっとも感じる・・・

「ボディーコンタクト」がありません。。

バスケットボールには、、、

身長差とボディーコンタクトで

完璧に、、体力差が出てきます。。。

しかも、これはスポーツセンスの前に

「ハンディキャップ」を与えているようなものなのです。。

同じ身長差のアドバンテージのスポーツでも、、

ネットがあるかないかだけで、、、

スポーツセンスということではなく、、

「潜在能力」を伸ばすトレーニングがバレーボール、、、特にジュニアバレーには
必須かということがおわかりかと思います。

もう一度言います。。

バレーボールに関しては。。。

体格や運動センスだけが勝敗を左右するものではないというのがこの理由です。。

ジュニアバレーボールはとくに自分が持っている「特性」を有能なコーチが
最大限に生かせる戦術をとれば十分にかつチャンスはいくらでもある競技であることは
間違いないのです。

体格差とくに身長差や運動センスまたは能力差を越える技術をジュニア時代に覚えることで今後のバレーボールをもっとも充実させて、、試合でも勝ち続けて
バレーボールの楽しさを実感していくことになるのです。。

◎理由2 ジュニアバレーボールでは、有能な指導者によって潜在能力がどんどん引き出されることを知るべき

ジュニアバレーボールでの潜在能力を引き出すということこのレポートで報告しておりますが、、

実は潜在能力を引き出すということに関しては、何もジュニアバレーボールだけの世界ではありません。。。

平たくいいますと、、スポーツの世界ではよく知られている潜在能力ですが、、

実は、、音楽にも美術にもその才能の開花のきっかけは潜在能力といえます。。

潜在能力とは、、

簡単にいいますと、、本来の実力以上のものを自分自身ではわかっていない部分を
有能がコーチが引き出し、、その引き出したテーマを実直に「反復練習」すること、、

この引き出し方法がもっとも、上達の近道だといえるのです。。

とくに 純朴のままで、有能なコーチのアドバイスや練習テーマをもくもくと
こなしていくのは、、ジュニアバレーボールが最適なのです。、。。

ですので、、もっとも伸びシロの大きいジュニア時代での

潜在意識テーマをもった反復練習は、、、

ライバル選手の上達をはるかにしのぐスピードで上達していきます。。。

ジュニア選手は、、、体も心も成長過程です、、そして「潜在能力」成長期に合わせて
多く秘めているのです。、。

この成長過程にあわせて、有能な指導者はジュニア選手の個人特性をどんどん引き出し、生かしていくことが、、指導者の腕の見せどころでもありますよね。。

かといって、、指導法に、、魔法のようなことを指導するわけではありません。

潜在意識を伸ばす練習方法は、、ほぼ8割がたはオーソドックスです。。
ほぼ体の基盤つくりが大切なのはかわりないのですから・・・

ですがここでもキモの部分があります。。

それは、、、「ジュニア選手目線」であること、、ここが大切なのです。

この潜在能力を引き出す最速のトレーニング法を基盤にしていき
内に秘めた潜在能力をジュニア選手はどんどん吸収して引き出されるようになるわけです。

◎理由3 自信をみなぎることが「やる気」と「勝ち気」を引き出す。

最近の教育方法で議論になっていることがありますよね!

それは、、ほめて伸ばして、自身のやる気を引き出すか
それとも、。、、常にしかりとばして、、限界を突破させるまで強制させるか

あなたの指導法はどうですか?

もちろん 一長一短、、賛否両論、、どちらが正論で、どちらが悪評なのかは
一人ひとりの指導者の思う気持ちがあるでしょう、、、

しかし 少なくとも、、ジュニアバレーボールの選手育成であれば、、

ほめて伸ばす、、
もっと言えば、、褒めて「潜在能力」を引き出すということが適切かもしれません。

そこで、、結果に満足してくれば、、もっと自発的に自分の練習メニューを実直に
こなすことができるでしょうし、、ジュニア選手の潜在能力もどんどんあふれて出てくることでしょう。。。

具体的なこととしては。。

ジュニア選手自身が考えて工夫するようになってきます。

「サーブを正確にいれるにはどうすればいいのか??」
「もっと強いスパイクを打つにはどうすればいいのか??」

ジュニア選手の潜在能力の広がりは、、このように、、自身での工夫する努力が
芽生えてくるのです。。

もっというなら、、

自身の「弱い部分をカバー」して、次の攻撃にいかにつなげていくかを
考えることができうのです。。

ジュニア選手にとっての成長は。。

「自分自身でバレーを考える!」

にあります。。

ジュニア指導でもっとも間違った指導法は、、「難しい説明」をしてしまうことです。。

これではジュニアはすぐにいやになりますよね。。

ですので、、有能なコーチはなんどもいいますが。。。

「ジュニア選手目線」での指導なのです。。

このジュニア選手目線での指導は、、ジュニア選手が自ら

「自分で考える力」
「自分で知恵を絞る」ことでの、、ナイスプレーや実力以上の達成感を味わうことが
できるので、、さらに「やる気と自信」につながってくるのです。。

さらに自信をもつことによって、、さらに上達しようと自らまた考えがんばろうとしまうので、あとは見守るだけでもどんどん成長していくのです。

最後にジュニアバレーボール選手の潜在能力を引き出すためには
有能な指導者が必要ということをいいました。

そのような有能は指導者に身近にいませんよね、。、。

ですので、、その指導者を紹介します。

工藤 憲さんです。

ジュニアバレーボール指導者の第一人者と言っても過言ではありません。
この先生が製作したDVDを今回は紹介したいと思います。

こちらをクリックしていただければ、、もう少し詳しく
ジュニアバレーボールの育成にかんする指導法を学ぶことができます。

ぜひごらんになってみてください。



関連記事